ギフトを贈る習慣がある日本人

昔から、日本人は大切な人に時期に応じたギフトを贈るという習慣があり、それをとても大切にしています。たとえば、お中元やお歳暮など、季節に応じた様々なギフトを贈ったりします。この習慣は、社会的な繋がりを円滑にするための習慣でもありますが、大切な人に真心を伝えるための習慣でもあります。

お中元と暑中見舞いの違い

関東ではお中元は7月15日までとする

お中元などのギフトは、地域によって贈る時期が違っていることに注意が必要です。同じ地域の人に贈るのであればわかりやすいのですが、違う地域の人に贈る場合は、よく調べてから贈るようにしましょう。

お中元の時期が過ぎたら暑中見舞いとする

お中元の時期も地域によって違ってきますので注意が必要です。関東では、7月17日を過ぎたらお中元ではなく暑中見舞いとなります。しかし、関西では8月15日まではお中元を贈り、それ以降は暑中見舞いとします。関西には旧盆があるので、お中元の時期が関東の1カ月後まで続きます。

お中元選びで失敗しない為に押さえておきたいポイント

女性

開店祝いを贈る時期について

自分ととても仲の良い人がお店などを開店する場合は、すぐにでも開店祝いを贈りたいという気持ちになるはずです。そのような気心をよく知っている関係では、すぐに贈るのが良いでしょう。しかし、自分が仕事などで忙しくて、なかなかギフトを贈る準備ができない場合もあるかもしれません。そのような場合でも、遅くても開店の1日前には届くようにしたほうがよいです。開店当日はかなり忙しいので、相手方にかなり負担をかけてしまう可能性もあります。また、何らかの事情や手違いなどで、開店してしまった後に、その事実を知ることもあるかもしれません。その場合、4週間くらいであれば、メッセージを添えて、ギフトを贈ってもよいでしょう。それ以上時間が経ってしまっていれば、場合にもよりますが、1周年記念の時に少々豪華なギフトを贈るという方法がよさそうです。

喜ばれるギフトを選ぶポイントとは

喜ばれるギフトを選ぶのは、贈る相手のことをよく知らない場合は難しく感じることが多いです。知らなければ知らないほど、難しいといえるでしょう。ギフト選びのポイントは、まず、贈る相手がシングルか家族がいるか、また、家族がいるのであれば、何人で暮らしているかを知ると、かなり選びやすくなります。贈る相手がひとり暮らしであるのならば、食品であれば、ある程度保存がきくギフトが喜ばれます。特に、お中元や暑中見舞いのように、暑い時期に贈るギフトは傷みにくい物がいただいたほうも扱いに困りません。逆に家族がいる場合は、子供も喜んでくれそうなギフトを選ぶとよいでしょう。予算にもよりますが、幼児ですと、知育玩具なども喜ばれることが多いです。こういう物はわりと値が張る物が多いので、親も喜んでくれる可能性が高いです。

カタログギフトを贈る時に気をつけたい4つの注意点

カタログギフトの内容を確かめてから贈ること

今や、カタログギフトの種類もとても豊富です。ですから、よくカタログの内容を確かめてから贈らなければいけません。そうしなければ、贈られる人の好みに全然合っていないカタログギフトを贈ってしまう可能性もあります。

カタログギフトをタイミングよく贈ること

カタログギフトはかさばらないですし、重くもありません。それゆえに、贈りやすい物であり、贈られやすい物でもあります。しかし、贈るタイミングはばっちりと合わせないと、軽率な感じを与えてしまうかもしれませんので注意しましょう。

のしやメッセージカードはできるだけ添えること

カタログギフトは、受け取った側は自分の好きな物を選べるので、贈る側はとても楽だといえるでしょう。しかし、いただいた側はお中元としては何となく味気ない感じがしたり、自分で選ぶということが面倒な感じがしたりする可能性もあります。それを補うためにも、のしやメッセージカードを添えたほうがよいです。

相手の年齢に合った物であること

ある程度の年齢になると、あまり安い価格帯の物が揃っているカタログギフトの中には欲しい物がほとんどないという可能性もあります。また、人によっては侮辱されたような気持ちになるかもしれません。ある程度の年齢の方には、一般的によく使われる物や消耗品を取り扱っているギフトブックのほうが無難でしょう。